ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)で大ブレイクした六角精児(49)が4度目の結婚をしたことが、本誌の取材でわかった。六角といえば、“バツ3”としても知られている人気個性派俳優。果たして、4度目の結婚相手はどんな女性なのだろうか――。

演劇関係者は、「今回、籍をいれたのは2番目の奥さんだと聞いています」と話す。そこで神奈川に住む実母に聞くと、「4か月くらい前に電話で『籍をいれるから』って。相手は前の奥さん?そうなんですよ」と2番目の妻との再婚を認めた。

だが2番目の妻と、別れてから約10年が過ぎた今になって復縁したわけとは?前出の舞台関係者は言う。「以前、彼は『別れてから、僕のためこんなことを考えていてくれたのかと本当にわかった』と話していました。奥さんの大切さを実感し、後悔していたみたいです」

実母によると、今回は両家の顔合わせもすませたという。「前のときは知らなかったんですよ。籍を黙って入れてあったんです。今回は向こうのご両親にもお会いして、半年ぐらい前に一緒に会食しました」

今回は六角の方からプロポーズをしたという。前出の舞台関係者は「これまで3回とも自分からプロポーズしたことがなかったそうなんですが、『4度目は自分から言いたい』と言っていました」と続けた。これでバツの数も打ち止め!?復縁再々々婚の詳報は本誌で!

【関連記事】
映画『相棒―劇場版Ⅱ―』大ヒット御礼舞台挨拶
再婚へ!「半同棲」新恋人は“20代癒し系”!【陣内智則】

関連タグ: