韓国で高視聴率をたたき出した韓流ドラマ「女の香り」が遂に日本で放送されることが決定した。それを記念して、11月9日に都内で主演のイ・ドンウクがファンミーディングを行った。

ドラマ「女の香り」は余命半年を告げられたヒロインが死ぬ前にやりたいことをひとつずつ叶えていくという物語。実は「除隊2カ月前に2、3作のオファーが来た」ということだが、復帰作は慎重に選んだと話すイ・ドンウク。なぜこの作品を選んだのか。この物語の主人公ジウクは心に傷を負った青年。そこにとても惹かれ、この作品ならこれまで以上に応援してもらえるのではないかと思った」と出演を決めた理由を語った。

「軍隊での2年間はとても孤独でしたがファンの方々から沢山のお手紙をいただき、そのおかげでなんとか耐えることができました」と軍隊での辛い生活を振り返ると共にファンへの感謝のメッセージで締めくくった。

関連タグ: