12月7日、都内で、故坂本九さん(享年43)の妻で女優の柏木由紀子(63)が『坂本九ファミリー クリスマスライブ2011』を長女の歌手・大島花子(38)、次女で女優・舞坂ゆき子(35)とともに行った。

3人は06年からユニット『ママ・エ・セフィーユ』としても活動していて、クリスマスライブは6回目になった。ステージは「坂本家のクリスマスの雰囲気を伝えたい」とアットホームな趣向をこらした。全20曲の中では、10日に生誕70周年を迎える坂本さんの誕生日を祝い、坂本さんの生前の「上を向いて歩こう」の歌唱映像に3人がコーラスで参加する演出もあり、ファミリーコラボでファンを喜ばせた。

柏木は「本当に一緒に歌って、そこにいるような…ワクワクします」と嬉しそうであった。大島も「父のステージに一緒に立っているような感覚があって、リハーサルの後に鳥肌が立って、ウルっときた。父と一緒のステージに立つという夢が叶って感無量」と語った。 

坂本が亡くなって26年ということで柏木は振り返り「生きていたらどんなおじいちゃんになっていたか…。いまも空の上から応援してくれていると思う」と語った。(撮影:鈴木鍵一)

関連タグ: