現在39歳で、婚約破棄をして以来ひとり身が続いている椿鬼奴。
本誌女子会企画で将来の老後について女芸人仲間である光浦靖子と計画を語った。

財団法人「女芸人老後基金」設立(?)

結婚していない女芸人同士で助け合うというこの財団では基金として同じ口座に全員で「1千万円ほど」積み立てをして誰かが倒れた時にはそのお金を使っても良いというモノ。
デビューの年ごとに結婚が出来なさそうな若手女芸人の入会者を募り、もし結婚する事になればそれまでの掛け金は掛け捨てになるという。

「返してほしければ、結婚しなきゃいい」と椿鬼奴は語る。
そんな椿だが、森三中や光浦靖子などの中で「結婚するとしたら私がいちばん先だ」とも思っているらしい。

【おすすめ記事】
KEIKO 極秘退院していた
リアル家政婦はミタ(1)「70代の旦那様とイケナイ関係に」
浅田真央 母の闘病で「もうママには頼れない」と決意
オウム真理教 “美人すぎる幹部”が脳出血で車いす生活に
雅子さま 宮内庁で蠢く“雅子さま外し”の「離婚計画」
なめこと納豆を巾着に入れて「おでん」として食べてみた
おでんの大根に「練乳」を“ちょい足し”して食べてみた

関連タグ: