来年の1月6日、野田聖子議員(51)の息子・真輝(まさき)ちゃんが満1歳の誕生日を迎える。彼女はアメリカ人女性からの卵子提供を受け、真輝ちゃんを授かった。真輝ちゃんが生まれてからの11カ月は度重なる病魔との闘いの日々だった――。

妊娠中から、胎児が臍帯ヘルニアで肝臓が体外に飛び出していう状態だということ、心臓にも異常があることが判明していたが、どんな困難が待ち受けようと、常に前向きに突き進んできた野田議員。しかし“50歳の出産”に続く育児は想定外のことばかりだった。

昨年10月26日。妊娠7カ月で大出血を起こし、即日入院。入院したまま今年1月6日、帝王切開で真輝ちゃんを出産。手術室で対面できたのは、ほんのわずかの時間だった。

「15秒くらい。辛いとか言っていられないんです。とにかく生きていてほしいから。どんな体になっても生きていれば何かいいことがある。それを味あわせたいと思って。泣きながらずっと見守ってきました」

泣いてばかりもいられない。母は、自由に会えない息子の写真を見ながら搾乳に励んだ。

「真輝は体が弱い子だから『お母さんのおっぱいは体にいいんですよ』と言われちゃうと必死になってしまって。私はなかなか出なかったんですが、最後はひねり出したという感じでした。内出血で乳房が真っ青になっていて、見ていた夫が『もうやめてくれ』とストップをかけてくれた。そうでなかったら、やめられなかったですね」

食道閉鎖症の手術や心臓の手術など、わずか11カ月の間に真輝ちゃんは7回もの手術に耐えてきた。さらに脳梗塞の影響で真輝ちゃんの右半身はマヒしてしまった。11カ月で身長は66センチ、体重は5キロ未満。それでも彼女は気丈に前を向きこう語る。

「誰も教えてくれないことを学んでいます。最高のお宝です。息子に会えて、本当に良かった。いつか絶対に必ず退院させて、みんなと同じ外の空気を吸わせたい。そして家で一緒に過ごしたい。だから私は全然、揺るがないですよ」

【関連記事】
野田聖子議員 50歳初産へ!本誌に語った暗涙の10年間
谷亮子議員 5万円へアメークの領収書”再発行”していた
小沢一郎 妻に支払っていた“慰謝料”は毎月344万円!
小泉進次郎議員 プラス5センチのシークレットブーツを購入
青木愛議員 “ホテルお泊り”報道の“不倫”男性を政策秘書に

関連タグ: