現在放送中の日韓共同製作ドラマ『赤と黒』(NHK BSプレミアム)の主題歌『好きだから』がリリースされた。この曲は、すでに先行配信の「着うた(R)」で大ヒット。ドワンゴなどの主要サイトでも1位を飾り、ランキング上位を賑わす話題曲となっている。

歌っているのは、井上慎二郎と山下祐樹の2人からなるユニット「ラムジ」。彼らはまた、東方神起のヒット曲『どうして君を好きになってしまったんだろう?』を手がけたことでも知られている。

「韓流ドラマ特有の激しい情感は、僕の時代に流行った『スクールウォーズ』などの日本のドラマと通じるし、サントラも昔の日本のポップスに近いところがある。まったく違ったことをやっている、という意識はないですね」
 
そう語るギター兼作曲の井上は、すでに業界の大ベテラン。ドラマの中心ファン層と同世代で、ボーカルの山下とはなんと14歳の年の差がある。2人の出会いは、自分の一方的な“片思い”から始まったと、山下はいう。

「もともと福岡でバンド活動をしていたのですが、(井上)慎二郎さんと仕事がしたくて、何の当てもなく8年前に上京しちゃいました」

ノリノリな歌はうんざり! というあなた、透明感と重厚さを兼ね備えた、愛の歌はどうですか。

関連タグ: