元芸人で占い師のゲッターズ飯田(36)が6才年下の一般人女性と12月24日に入籍する事を自身のブログで公表した。

これまで2万人以上を占ったゲッターズ飯田に占ってもらっている有名人も多く、これまで知る人ぞ知る”芸能界最強の占い師”とも言われテレビにも多数出演しており「モンスターハンター占い」や「ボーダーを着る女は95%モテない」などで世の中に大反響をにぎわせた事でも記憶に新しい。

ゲッターズ飯田が、他の占い師とは全く違う所はオカルト的な要素が無く自身のブログタイトルも『所詮占いですから』とする所だ。自身の統計に基づいた占い結果をコールドリーディングを全く使わず早口で伝える手法は、多くの人を驚かせてきた。

ゲッターズ飯田は現在多数の連載やレギュラー番組を抱えているが、その中でも「恋の主導権検定攻略法」、「恋人は占い師」など恋活や婚活がらみの企画も多い。

今回の結婚は、まさにそんなゲッターズ飯田の恋愛占いの精度の高さが証明されている。

2011年1月に自分自身を占った結果で『2011年か2013年に結婚する』とブログでも公表している。
結婚相手には『1975年生まれの男性に出会うからその人と結婚しますよ』と伝えたという。
まさにゲッターズ飯田自身がその”1975年生まれの男性”だった。

12月23日のブログでは

「自分の占いを信じて 行動して来たら 結婚が決まりました 結婚したから幸せなのか 結婚はまだスタートで 幸せをどう二人で作っていくのか
これからです 結婚した自分が どう成長するか また 楽しみです」

と綴られているが、結婚までの経緯に関しては、自身でプロデュースした恋愛運と金運の上がるCD「うただのみ」を毎日聞いたり、恋愛成就のパワースポットでもある京都嵐山の鈴虫寺へ参拝に行く等の活動をしていたという。

まさに自分の占いを信じて恋愛運をアップさせる活動を行なった結果が”結婚相手は占い師”となったのだろう。