’11年6月、夫・後藤田正純衆院議員(42)が銀座ホステスとの不倫を報じられてしまった水野真紀(41)。家族会議の末、離婚は回避されたが、後藤田議員は不倫現場となった議員宿舎を引き払い、現在は都内の水野の実家に身を寄せて生活している。

「ご主人は水野さんと一緒によくジョギングをしていますよ。水野さんがご主人をリードしているように見えましたけど」(近所の主婦)

“マスオさん状態”の生活が半年続いている後藤田議員は、決まった時間に家を出て、コンビニで経済紙を買い、電車で議員会館に通う毎日を送っているという。よき夫としての生活を続ける彼を、本誌は直撃した。

半年前に比べ体形がすっきりした後藤田議員。「激ヤセしたのでは?」という質問には「見ての通りです。昔は夜の会合に顔を出していましたが、最近はお酒も控えるようになりました」と話す。“夜遊びはダメ”という妻のもとでは、深酒も自粛せざるを得ないようだ。

“夫婦ジョギング”で夫婦の絆を取り戻そうとしている後藤田議員。だが、前出のテレビ局関係者はこう語る。

「水野さんは本当はかなり怒っていました。でも、子どものことを考えて『あの人は許すことはできないけど』と言いつつ割り切ることにしたそうです。今でも家を離れるときは、両親に『夫を見張るように』と言ってから出かけるそうですよ」

後藤田議員の肩身の狭い生活は当分続きそうだ。

関連タグ: