これまで現役続行か引退かが注目されていたキム・ヨナ(21)が、今年になって2014年のソチ五輪まで現役を続行することが、関係者の取材で分かった。彼女が復帰を決めた理由は、実はお金だという。

この5年間で、彼女が稼いだ金額は約26億円とも推定されている。「しかし、その大金がまるで湯水のように浪費されているのです。そのほとんどが、実父のキム・ヒョンソクさんの、不動産投資の失敗なんです」(韓国のスポーツ関係者)

ヒョンソクさんは、自らメッキ工場を経営する一方で、娘のヨナが稼ぎ出した大金を、本人の娘が知らないところで不動産投資につぎ込んでいたという。

「しかし、どれもうまくいかず、多額の損失を出してしまった。その額は、合計で8億円にも上るといわれています」(韓国のフィギュア関係者)

さらに、ヨナファミリーは、自宅用に高額物件(約2億円のマンション)をすでに購入済みだという。このまま父の不動産投資の損失が拡がれば、ヨナ一家は経済的に窮地に立たされてしまう。そこで両親に懇願されたヨナは、ソチ五輪を目指すことに決めたようだ。

「でも、長年の酷使で彼女の腰の状態は最悪です。医者からは『このまま現役を続ければ、将来歩行するのさえ困難になるかもしれない』と言われているそうですが……」(前出・韓国フィギュア関係者)

【関連記事】
銀盤の涙 舞台裏ドキュメント  キム・ヨナ“ライバル卒業”旅行の夢安藤美姫モロゾフとの今後etc 浅田真央頑張った!!母が描いた「償いの(金)メダル」ネイル
小浅田真央 恩師タラソワコーチが15才の愛弟子で“真央潰し”!

関連タグ: