1月23日、都内で、ドキュメンタリー映画『日本列島 いきものたちの物語』の報告記者会見が行われた。会見にはナビゲーターを務めた嵐の相葉雅紀(29)、女優の長澤まさみ(24)らが出席した。

本作は、日本各地の自然や動物を2年半にわたって撮影したものである。相葉は屋久島の撮影に同行したそうで「まさに命を懸けた撮影。映画ではほんの一瞬しか使われていないですけど、その一瞬のために忍耐強く待つんです。それは本当に贅沢で綺麗な画面でした。カメラマンや監督の熱い思いを知れて、心を打たれました」と熱く語った。

出田恵三監督から「相葉君のドジな弟の子グマの声が一番うまかった」と褒められると苦笑いし「監督から不器用な弟グマに似ていると言われ続け、僕もそうだと思ってきました。でも、動物も人も成長しますから。頑張ります!」と前向きな姿勢を貫いた。

生まれ変わってなりたい動物を聞かれた長澤は「(性転換する魚の)クマノミがいい。オスとメスを両方味わいたい」と意外な願望を明かした。相葉は見たい動物を聞かれると「ザトウクジラを見に小笠原に行きたい。背中から出る潮に乗ってみたい」と話し笑いを誘った。