1月31日、東京・台東区の浅草寺で、AKB48の岩佐美咲(17)が演歌歌手デビュー記念を記念してヒット祈願を行った。艶やかな着物姿で登場した岩佐は、本堂で約20分にわたりデビュー曲『無人駅』のヒットを祈願した。

岩佐は「ヒット祈願をさせていただいて、気が引き締まりました。すごいヒットするような気がしましたので、がんばるしかないなと思いました」と語った。その後、東京・新橋SL広場でデビュー曲発売記念イベントを開催した。

集まったファンと街行くサラリーマンに「AKB48初の演歌歌手、岩佐美咲です!よろしくお願いします」とアピールした。「いつもの私とは違う、いい意味でAKBらしくない岩佐美咲として大人っぽく歌いたい。好きな人をあきらめられないという曲なので、その気持ちを聴いてくださる方に届けたい」と話し、デビュー曲のほかカップリング曲『ヘビーローテーション 演歌バージョン』を初披露し、盛り上げた。

また、イベントの前に行われた取材では、記者から新曲について訊かれると「作詞をしてくださった秋元先生から30年後の岩佐に向けて作った曲だから、30年後に完成すると言われて。着実に成長していきたいと思います。」と意気込みを語っていた。(撮影:高田太郎)

関連タグ: