1月31日、タレントの優木まおみ(31)がアイメイクブランド『ラブスイッチ』の商品イメージキャラクターに起用され、都内で就任発表会見に出席した。

『ラブスイッチ』が提案するのは、黒の代わりに茶色を使うことで印象をやわらげ、スウィートな表情に仕上げる『ブラウンメイク』だ。同ブランドでは、バレンタインシーズンに不二家『LOOK』とのコラボで日本初のチョコの香りがするピンクブラウンマスカラのほか、アイライナー、アイブロウを発売する。

意外にもメイクアップブランドのイメージキャラクターを務めるのは初めてだという優木はピュアで優しい雰囲気を理由に起用されたそうで、「素直にうれしい。メイクブランドのキャラクターはずっとあこがれだったのでイメージに合うような女の子になっていきたいです。」と笑顔で答えた。

バレンタインにまつわる質問が集中する中、本命チョコについて優木は「あげたいですけどね、どうなるんでしょうね~」と笑顔ではぐらかし、「バレンタインは好きな人に頑張って作ったりしたことがないので、これからはそういう経験があるようにしたいですね」と答えた。(撮影:柴田悟)