2月8日、東京・ラフォーレミュージアム六本木で映画『TIME/タイム』のジャパンプレミアが行われ日本語吹き替え版でヒロインの声を演じたAKB48の篠田麻里子(25)と俳優の中野裕太(26)が登場した。

本作は、科学技術の進化によって人間の成長が25歳で止まる近未来を舞台に、『時間』が通貨として流通する理不尽な格差社会の中、スラム地域で暮らす主人公ウィルと、大富豪の娘シルビアが、世界を揺るがす衝撃の真実を追う姿を描いている。

大富豪の娘という役柄にちなんで、ハリー・ウィンストンのダイヤモンドネックレスや指輪、ピアスなど、計120カラット総額3億5000万円の豪華ジュエリーを身に着けて登場した篠田は「宝くじに当たった気分」と満面の笑顔で答え、「日本で一番高いものを、今日私が全部つけているみたいで。重みを感じます」と緊張の面持ちで話した。

100年後の自分は?の問いには「今、楽しいのでAKBを続けられたらいいな。100年続けば流行も文化になる」と答えた。AKB48への愛を誓い「ぜひカップルで観てください。デート・ムービーとしてもピッタリ。メンバーにもオススメしました」としっかりPRしていた。(撮影:柴田悟)