2月10日、賀来千香子(50)と宅間伸(55)がついに離婚。代理人が都内の区役所に離婚届を提出後、連名でこうコメントを発表した。

《長きにわたり寄り添って参りましたが(中略)二人で充分話し合い、お互いを思い遣った結果、離婚という形に至りました》

だが’94年1月に都内のホテルで1億円超の豪華披露宴を行った直後から「”賀来が家事をしない”とか、1年後には”別居同然の生活”などなど夫婦危機報道が相次ぎました」(芸能関係者)

それ以来、つねに”すれ違い””仮面夫婦”といった話が絶えず、賀来のマンション付近でも彼らのツーショットが目撃されることはほとんどなかった。

「’10年11月に『第3回プラチナ夫婦アワード』に選ばれ授賞式に出席しましたが、それは結婚式以来16年ぶりのツーショットでした」(前出・芸能関係者)

その授賞式が結局、結婚18年間にしてただ「1回だけ」のツーショット会見となったのだった。式では互いを想いやるようなコメントと笑顔で円満をアピールしたものの、報道陣が催促したキスには断固として応じなかった。それから1年3カ月後、今回の離婚発表となる。

「これまでなぜ離婚しなかったのか不思議なくらい。昨年10月に賀来が50歳を迎えたことも、新しい生活を始めるきっかけになったのではないかと思われます」(前出・芸能関係者)

関連タグ: