2月4日、都内の首都高速道路をオートバイで走行中、事故を起こし約6m下の道路に転落した料理研究家のケンタロウ(39)。病院に緊急搬送された彼は、両脚骨折と頭蓋骨骨折という重傷だったが、所属事務所によると命に別条はない状態だという。事故の一報を聞き、病院で弟と対面したときの様子を姉はこう話す。

「連絡を受けてすぐに病院に行ったんですが、もう弟は手術室に入っていました。私はビートたけしさんのバイク事故のような感じを想像していました。顔がグチャグチャなんじゃないかとも想像したりして……。手術が終わった後、弟に会いました。体中のアザがすごかったです。でも、顔面まひなどが残る状態ではなくて安心しました。完全に麻酔がかかっていて、本人と話はできませんでしたが……」

事故原因はいまも警察が捜査中だという。なぜ、ケンタロウはこのような事故を起こしてしまったのだろうか。

「スピード違反ではないみたいです。カーブを曲がり切れずに落下したそうですが、ひょっとしたら、道路に氷が張っていたのかなとも思います。弟はもともとお酒が飲めないので、飲酒事故ではないはずです」

手術から数日がたったいま、ケンタロウの復帰が気になるところだが……。最後に姉はこう答えてくれた。

「脚の骨折などが治ったら、ということになると思います。以前も骨折したことがありましたが、そのままテレビに出ていたんですけどね。本人は脚のリハビリを頑張ると思います。ファンのみなさんにも本当にご心配をおかけして、申し訳なかったです。退院したら、私にも謝ってほしいですね。心配させられたので……」

関連タグ: