2月11日、東京・有楽町の東京国際フォーラムでジャニーズの最年少5人組ユニットSexy Zoneが2011年11月のデビュー以来、初の単独コンサートを開催した。

佐藤勝利(15)の「オレたちのこと待ってましたか!」というシャウトで幕を開けると、約5000人が「キャー」と絶叫した。中島健人(17)は「何公演でもいけます!たくさんのファンを喜ばせたい」と気合十分で、デビュー曲『Sexy Zone』や嵐の『サクラ咲ケ』など全24曲を披露し
た。

また、中島は得意のピアノをマリウス葉(11)と披露し、松島聡(14)は和太鼓を披露するなど、それぞれの個性も発揮した。5人は、ファンに向かって「愛してます」「どこまでも付いてこい」などの甘い言葉を投げかけたり、全員で「バレンタインの逆チョコです」と客席に投げキッスを5回するなどグループ名にもある『セクシー』を前面に押し出していた。

また、3月29日、30日に横浜アリーナで、4月1日に大阪城ホールで単独公演を行うことをサプライズで発表した。ファンの喜びの声を聞くと、菊池は「本当に、みなさんのおかげ!」と大声で感謝の言葉を述べた。中島は「初めてのコンサートが横浜アリーナだったので、不思議な感じ」と語っていた。