2月12日、都内で、本名・宇佐美吉啓の名義で出版した初の絵本『ダンスアース~子どもが絶対踊りだす!~』の発売記念イベントが行われ、EXILEのUSA(34)が登場した。

本作は、絵本作家、のぶみ氏(33)と共同制作した作品で、USAがライフワークとするダンスを通じて世界中の人々が仲良くなっていくというものである。イベントでは『ダンスアース』の読み聞かせ会が行われ、登場人物が踊るシーンでは子どもたちと一緒にノリノリでダンスする様子も見られた。

また、EXILE名物の『チューチュートレイン』のダンスも完成させ、終始笑顔だった。作品についてUSAは「子供が踊り出したくなるような絵本になりました。長い時間をかけて作ったので、作品は子供のよう。家族で楽しんでほしい」とPRした。

発行部数は2万2000部で東日本大震災の被災地を訪れ、のぶみ氏と共にダンスに合わせて読み語りをするボランティアイベントも計画されている。今後の活動について「ダンス王になるまで、続けますよ。このセリフ、どこかで聞きましたかね? ダンサーだからこそできる社会貢献などを見つけて、続けていきたい」と意気込みを語った。(撮影:小山伸正)

関連タグ: