視聴率がいまひとつ伸び悩んでいるNHK大河ドラマ『平清盛』。今月12日放送回では13.3%という最低視聴率を記録したが、さらに現場の空気を凍りつかせているのが“大河女優たちの場外バトル”だという。

豪華女優陣のなかで、璋子役の檀れい(40)はスタッフも困り果てるほど、共演者との“バトル”を展開しているという。松田聖子(49)、松雪泰子(39)などにまでダメ出しをするほどだ。そんななか、北条政子役の杏(25)も檀の態度にビビっている1人だ。

「杏さんは“歴女”と呼ばれるほど歴史好きで今回の北条政子役への思い入れは相当強い。それなのに、檀さんからいろいろ役作りや演技について口出しをされて、杏さんもかなり困惑しているそうです」(制作スタッフ)

檀が発火させた火種は、さらなる広がりを見せていた。深田恭子(29)と田中麗奈(31)の間にも“不穏”な空気が流れ始めていたのだ。

「深田さんは清盛の妻・時子役なんですが、ときどきセリフが現代調になってしまい、NGが続いてしまいました。清盛のライバル・源義朝(玉木宏)の妻・由良御前役の田中麗奈さんは、深田さんがNGを出すたびにクスクス笑っていたそうなんです。深田さんとは同世代のため“負けられない”という意識を燃やしているのでしょうね」(NHK関係者)

関連タグ: