2月28日、東京・飯田橋のホテルグランドパレスで、2011年度自賠責保険広報キャンペーンの記者発表会が行われ、女優の剛力彩芽(19)が登場した。

自賠責は、交通事故の被害者を救済することを目的に、法律によって車とバイクを使用する際に加入が義務づけられている保険。車検のない原付バイクなどで加入漏れのケースがあるため、新聞やラジオを中心とした広告で、キャンペーンキャラクターを務める剛力が加入をアピールする。

剛力は、「免許を取ったばかりで加入義務のことを知らない人も多いので、加入の大切さを分かりやすく伝えられたら」と意気込みを語った。また、運転免許を取得していない剛力は「今年は20歳にもなるし、免許を取ってドライブに行きたい」とハタチの誓いを立て、「1人で海に行きたい!海と星が好きなので」と明かした。

助手席に座る人については「母かな」と笑顔を浮かべ、「車の中は母と2人で相談にのってもらったり貴重な空間」と話した。今後は「アクションや、カースタントとかしてみたいんです。ビル登ったり」と話すと、自動車保険の会見であることに気づき、「安全な状態でできたらいいな」とあわてて付け加えた。(撮影:江口明裕)

関連タグ: