オセロ中島知子(40)の“自称・占い師”による洗脳騒動が話題だが、『私も同じような被害にあった』と語るのは、作家の岩井志麻子さんだ。

「実は私も、‘05年から’08年の3年半で、2歳年下の女性に2千万円以上を貢いでしまっているんです。私のファンで、ファッション誌のデザイナーで、占いもできる……という女性でした」

彼女は岩井さんから毎月50万円のギャラを貰い、さらに店舗経営や投資などでお金を引っ張っていったという。この女性のため、岩井さんは一時、お金だけでなく、多くの友人と仕事を失ったのだ。

「その女性は自分のウソだらけの人脈を誇り『でも、あなたは特別』と付け込んでくるんです。預金通帳が底を尽きかけるころ、彼女は詐欺師だ、と初めて気付きました。」

それからというもの、人を疑ってかかるようになってしまったという。

「ある意味、後遺症は4年が過ぎたいまも続いています。しかも、その人は今も占い師をやっているのです!彼女の顔写真を見るたびに、当時のことがフラッシュバックして辛いです」

それでも最終的にマインドコントロールから脱出でき、社会復帰できたのは、まだ幸運といえるのかもしれない。

関連タグ: