3月8日、東京・お台場フジテレビで、CS放送フジテレビTWOの連続ドラマ『恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?』の制作発表が行われ、佐々木希(24)、小泉孝太郎(33)、えなりかずき(27)、加藤雅也(48)らが出席した。

佐々木は主人公の25歳にして恋愛経験ゼロのモテない女性を演じる。登場シーンの85%はすっぴんで、独り言をぶつぶつつぶやくだらしない性格と個性的な役柄に佐々木は「似ている部分がたくさんあったので、撮影と私生活の切り替えスイッチはなかったです」と意外な一面を暴露した。これに対して、小泉とえなりは「この容姿ですよ?役柄だろうが本人だろうが大好きです!」と声をそろえた。加藤も「もちろんOKですよ。佐々木さんですよ。断ることないでしょ」とモテモテの様子だった。

登場人物の中では、「小泉さんが演じた飯田が好き。飯田はいつもトゲがあるんですけど、その中にちょっとした優しさがあってキュンとしました」と好みのタイプを明かした佐々木。一方「えなりさんが演じた天津は一番苦手。本当に強烈なキャラクターで、ちょっと気持ち悪いって思っちゃいました」と話すと、会場に笑いが起こった。(撮影:柴田悟)