3月13日、都内で、NHKドラマ『開拓者たち』の制作発表会見が行われ、初主演を務めた女優の満島ひかり(26)が出席した。

本作は戦前から戦後を舞台に、旧満州から過酷な逃避行を経て帰国した人々が、日本で新たな農地開拓に挑む姿を描いたドラマで、満島は、農業開拓をする夫婦の妻を演じる。再編集版では実際に那須で開拓にあたった人たちに満島がインタビューを行い、その映像がドラマの冒頭に組み込まれている。

満島は「皆さんが持っているたくさんの気持ち、心からの気持ちを映すことができるのか、本物の気持ちが伝わるのだろうか」と思ったと話し、「カメラの前で話を聞くのはすごく嫌だった」と当初の心境を振り返った。

しかし、インタビューや現地の人々と交流を進める中で「少しでもここで生きた人たちの気持ちをすくって映すことができれば」と気持ちに変化が生まれたという。また、「実際に開拓した方たちに会って生命力を感じ、自分自身、しっかりと役者をやっていきたい気持ちになった」と感慨深そうに語った。撮影を振り返り、「私の人生にとって、すごく大きなものになった」と話していた。(撮影:鈴木鍵一)