多数の交際男性から総額1億円以上を騙し取り、うち3人を”練炭自殺”に見せかけ殺害したとされ、殺人や詐欺の罪で起訴されている木嶋佳苗被告(37)の裁判。49の傍聴席を求め、毎回300人近い希望者が行列を成す。

世間が注目する理由のひとつに、前代未聞の”法廷ファッション”がある。被告はふつう、地味な服装を選ぶもの。しかし木嶋被告は、毎回必ず違うコーディネートを選び、自慢の巨乳が露わになるトップスで堂々と現れる。そんな、”女度”は非常に高い木嶋被告のファッションを、弁護側・検察側・裁判員による被告人質問まで追ってみた。

【弁護側被告人質問】
●2月17日 白ラインが清楚なスクエアネックの黒いワンピースで
●2月20日 ガーリーが好みの木嶋被告。レースのカーディガン、ワンピ、その下に紺色のペチコートをはみ出させた謎のコーディネートを披露
●2月21日 連日でスカートを重ね着。コーデュロイスカートからアイボリーのフリルをのぞかせて
●2月22日 黒のポロシャツワンピースにピンクのカーディガンを
●2月24日 Vネックシャツにお気に入りのフェンディ風スカート

【検察側被告人質問】
●2月27日 やる気がなくなったのか、一気に地味に。足元も真っ黒の”法廷スリッパ”に戻っている!
●2月28日 検察側被告人質問は、2日連続で地味スタイルで登場
●3月1日 グレーの地味なカーディガンにチェックのインナーを
●3月2日 いつものカーディガン。この日被告は40度の熱を出し午後からは休廷に
●3月5日 ワンピースの下に黒いレギンスを。厚着になっている

【裁判員による被告人質問】
●3月6日 コーデュロイのスカートの下に紺のペチコートを

一部の詐欺は認めたものの、3件の殺人については無罪を主張している木嶋被告。判決は4月13日に下される。

【関連記事】
木嶋佳苗 「初潮は8歳…」1万2千字の赤裸々手記を深層鑑定
木嶋佳苗 専門家が予測する”13日の金曜日”の無罪シナリオ
“露出多すぎ”木嶋佳苗の法廷ファッション全解剖1
性に絶対の自信持つ木嶋被告 初体験の男性との窃盗事件の過去
木嶋佳苗 男たちに1億円貢がせた”ブスカワ”の魔性テク
木嶋佳苗被告 獄中でも洋服は「毎日ブランドもの」で着飾る

関連タグ: