3月17日、東京・有楽町スバル座で、映画「種まく旅人~みのりの茶~」の初日舞台挨拶が行われ、陣内孝則(53)、田中麗奈(31)、吉沢悠(33)らが出席した。

本作は、陣内が演じた全国の農家を訪ね作業を手伝う官僚と、緑茶農家を営む人々の姿を描いている。作品について陣内は「『ミッション・インポッシブル』を意識した東京スカイツリーからの落下シーン、湾岸道路でのカーチェイス、麗奈ちゃんとの濃厚なラブシーンはすべてカットされました」とジョークを飛ばし、会場を笑わせた。

また、撮影中のエピソードとして、ロケ先へ向かう機内で吉沢が客室乗務員から電話番号を渡されたが、そのメモを捨ててしまった話を披露し、『CAはお前だけのものじゃないんだ。そこからたどって楽しい合コンとかがあるんだぞ!そこら辺をオープンにしていかないと伸び悩むぞ』と叱りました」と言うと、吉沢は「俳優論として『いつチャンスがあるか分からないからいつも準備をしとけ』と言われました」と苦笑いしていた。

最後に陣内は「本日はご覧いただいてありがとうございます!面白かったら良かったと、面白くなくても良かったと、ぜひ皆さんに勧めて下さい」とメッセージを送った。(撮影:江口明裕)

関連タグ: