3月19日、都内で、土曜ドラマ『三毛猫ホームズの推理』の制作発表が行われ、主演を務める嵐の相葉雅紀(29)、俳優の藤木直人(39)らが出席した。

原作は赤川次郎氏(64)の人気ミステリー『三毛猫ホームズ』シリーズで、やる気はあるが失敗ばかりのダメ刑事が、三毛猫のホームズと難事件に挑むというストーリー。血を見ると気絶し、高所も女性も幽霊も苦手というヘタレ刑事を演じる相葉は「人を疑えない、犯人に感謝されてしまうなど欠点だらけ。でもそれが長所でもある。新しいヒーロー像じゃないけど、へなちょこ刑事の奮闘ぶりを見ていただけたら」と語った。

また、コンビを組む三毛猫ホームズの化身をマツコ・デラックス(40)が演じることについて「すごく楽しみですね。化け猫マツコさんが!マツコさんと化け猫のイメージが遠からず近からずなので。いつ化けるかが見どころ」とPRした。

メンバーの大野智(31)が主演する月9ドラマ『鍵のかかった部屋』も、同じくミステリー。『嵐VS嵐』にも注目が集まるが「戦わないとダメですか!?月曜はリーダーを見て、土曜は自分を見て、和気あいあいとやっていきたいです」とグループの絆をアピールしていた。

関連タグ: