3月22日、4月に日本公開されるアクション超大作『バトルシップ』で米国の人気歌手・リアーナ(24)が演じるレイクス役の日本語吹き替え版を土屋アンナ(28)が務めることが決定し、都内のスタジオでアフレコ収録が行われた。

元々、リアーナの大ファンだったといい、実際に声を担当してみた感想を聞かれると、「いろんなミュージシャンの方をリスペクトしていますが、その中でもリアーナはハスキーボイスで、すごくクールなのに女性らしい甘い声が出ていて魅力的ですよね。今回は歌では無く吹替えですが、リアーナの良さが出ている作品で選んでくれてありがとう、このハスキーボイスを!と思いましたね」と大満足の様子だった。

また、本作は、叫び声を上げるシーンも多いが、「腹筋を鍛えてるので、イケると思った」と余裕の笑み。自慢の腹筋は「笑ってたら、6パックになっちゃった。心から笑うと全身使うからいいのよ」とアンナ流トレーニング法を明かした。

本作で女優デビューをはたしたリアーナのように、ハリウッド映画に出演したいかとの質問には「チャンスがあったら、人生に1度くらいね。あと、叫ぶだけとかの役だったらいけると思います」と話し笑いを誘った。(撮影:鈴木鍵一)

【関連記事】
土屋アンナ 目のアザ隠して救急病院に医師「夫のDV疑う」
アンナ、長澤意気投合!お風呂で最初に洗う場所は?
土屋アンナ 「夜遊びしないでメシ作れ!」と酒乱夫を調教中
土屋アンナ 意外に家庭的な一面明かす

関連タグ: