3月26日、都内で、ロンドン五輪の男子マラソンにカンボジア代表として出場することが決まったお笑い芸人の猫ひろし(34)が喜びの会見を行った。スーツ姿で登場した猫は「代表に選んでいただいて本当に感謝しています。

オリンピックは今の自分のタイムでは難しいことは分かっているので、世界一練習する覚悟で挑みたいと思います」と宣言。朗報は自宅で聞いたといい、「ドッキリかと思ってカメラを探した」と話し、夢の実現については「ゴールでは最高の五輪ギャグを見せたい。ロンドンに向かって猫まっしぐランニャ~!」と満面の笑顔を見せた。

国籍を変えて実現させた五輪出場に、批判的な意見もあることについて、猫は「厳しいご意見をいただくのも当然。批判している方が間違っているとも言えません。でも僕は、やると決めたので」と信念を貫いた。五輪後も、カンボジア国籍のままでいることも明言した。

会見では芸人として、国籍ネタも飛び出し、「嫁と娘は日本国籍。後天的な国際結婚になっちゃった」「ボン・ジョヴィと同じ。これからは『来日』になります」「実家は日本で僕も仕事があるんで『出稼ぎ芸人』として来ます」などと話し、笑いを誘っていた。(撮影:江口明裕)