3月27日、東京・赤坂サカスで、TBSの3夜連続スペシャルドラマ『ブラックボード~時代と戦った教師たち~』の制作発表が行われ、各回主演の嵐の櫻井翔(30)、俳優の佐藤浩市(51)、女優の松下奈緒(27)らが出席した。

同作は都内の中学校を舞台に、戦後直後、校内暴力の80年代、学級崩壊の現代の各時代で奮闘する教師を描く。

第1夜で軍国主義の教師役を演じた櫻井は、構想5年、セットに約1億円を費やした同作を「あまりのスケール感に押しつぶされそうでした」と話した。また、「いつかドラマで、戦争を伝えることができたらと思っていた。夢のような時間でした」と充実した撮影を振り返り「重厚で骨太で、たくさんのメッセージを感じました。自分も、それを表現できたと思っている」と話した。

また、この日は、同局の春イベントイメージキャラクターを務める鈴木福(7)がサプライズで登場。櫻井、佐藤、松下の各夜主演3人に花束を贈呈した。櫻井演じる中学教師のおいっ子としてドラマ第1夜にも出演するが、「さくらいくんに『おじさん』っていうのが、なんかへん」と話すと、会場からは「かわいい~」と声が漏れていた。

関連タグ: