4月4日、東京・元赤坂の明治記念館で、アニメ映画『グスコーブドリの伝記』の完成報告会見が行われ、小栗旬(29)、忽那汐里(19)、柄本明(63)が出席した。

作家宮沢賢治原作の、愛と勇気を描いたファンタジー大作。冷害によって家族を亡くした主人公の声を演じた小栗は「どの年代の方にも受け取ってもらえる作品になっていると思います。本当に、すごくメッセージ性の強いものになっています」と自信たっぷりにPRした。主人公の妹の声で、声優デビューを果たした怱那は「地声がすごく低いので不安だったんです。でも、画面と向き合っての演技は新鮮でした。すごく集中して行いました」と振り返った。

また、主題歌が小田和正(64)の『生まれ来る子供たちのために』に決まったことが発表され、女優の山田優(27)と結婚した小栗に、「子供について想像することは?」と質問が飛ぶと「きっとこの質問、来るとは思ってたんですけどね」とニヤリ。「僕自身の心の中にはありますが、言わないですよ。言わないで~す」と答えた。また、退場の際に「結婚生活はどうですか~?」と声がかかると、小さく「普通です」と回答。「幸せですか~?」には笑顔でうなずいた。(撮影:柴田悟)

関連タグ: