4月4日、都内の書店で、人気アイドルグループAKB48からの卒業を発表した前田敦子(20)が写真集『不器用』の発売記念握手会を行った。

20歳になって初めての写真集は、昨秋にフランス・パリでのオールロケで撮影された力作で、すでに13万部を売り上げる大ヒットを記録している。撮影を振り返り「パリは街並みがすごく好きで、すごく楽しかったし、開放的な気分にさせてもらった」と笑顔を見せた。作品については「今の20歳の私が詰まっている。大満足です」と出来栄えを語った。また、今回、胸の谷間がのぞくなどセクシーショットにも挑戦し、初の『手ブラ』には「不思議な気分でした」と照れていた。

タイトルの『不器用』は総合プロデューサーの秋元康氏(55)が付けたといい「よく秋元先生とか周りの方に『不器用』って言われるので、まさに私なんじゃないかなと思う。実感はありますね」と苦笑いした。

また、会見の約1時間前に、インターネット上で第4回選抜総選挙辞退を発表したことについても「今の気持ちは全部話させてもらいました。今回は応援する形に回りたいと思いました。『不器用』ながらも頑張りました」と写真集のタイトルに引っ掛けて報告した。(撮影:小山伸正)