4月8日、東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで、舞台『淋しいマグネット』が幕を開け、若手俳優集団・D-BOYSの瀬戸康史(23)、遠藤雄弥(25)、荒木宏文(28)らが会見に出席した。

2007年にD-BOYS STAGEの旗揚げ公演を行ってから、記念すべき10作目となる今作は、演劇作家、ダグラス・マックスウェルの名作を日本初上演。惹かれ合い傷つけ合う4人の若者の20年を描いたこの青春群像劇である。

19歳で失踪してしまうリューベンを演じた瀬戸は「あまり笑わないコだけど、物語を作る才能があったりする不思議なコで。リューベンが書いた物語の劇中劇では、芝居とはまた違った楽しみ方ができるし、そこにリューベンの本当の気持ちが乗せてあったりする。観る人によって違う解釈ができる作品です」とPR。シアターコクーン初進出について瀬戸は「役者として光栄。誇りに思いつつ、プレッシャーも感じながら初日を迎えました。今回だけで終わらせたくない。続けられるように頑張ります」と意気込みを語った。

遠藤との男同士のキスシーンに挑む荒木は「本編が色濃くなったので前菜もよりしっかりと作り直した」と一言。これに対して遠藤は「日に日にキスの時間が延びていっている」と笑わせた。(撮影:加治屋誠)

関連タグ: