4月12日、都内で、ドラマ『クレオパトラな女たち』の制作発表が行われ、佐藤隆太(32)、稲森いずみ(40)、北乃きい(21)らが出席した。

同ドラマは、佐藤演じる主人公の形成外科医・岸峯太郎が、医者の本分ではないと批判的に見ていた美容外科クリニックで、借金を返すために仕方なく働き始めるところから始まるストーリー。

佐藤は「あまり目を向けたことのない世界で新鮮。自分なりの美しさを探していただければ」とアピールした。作品のテーマにちなみ、「美しいものは?」との問いに佐藤は「履き古したスニーカー」と即答。自宅には150足以上あるといい、「何時間見ていても飽きない」と猛アピール。これに対して、稲森が「美とは健全な心」、北乃が「人を美しくする形成外科医の気持ちが美しいと知った」、と答えると「さっきのスニーカーやめて星空にしてもらえませんか」と訂正を申し出て、笑いを誘っていた。

また、撮影現場では稲森が共演者を笑わせることが多く、佐藤から「出番のシーンではないのに、ずっと僕の横に座っているんですよ。かなり経ってから『あっ』と言って、いなくなりました」と天然ぶりをうかがわせるエピソードを暴露されていた。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: