「10代の50%が見ている」という伝説を持つ最旬バラエティ番組『ピカルの定理』(フジテレビ系・22時)。全国に”ピカル”旋風を巻き起こしているメンバーのなかで毎週、大阪から新幹線で出陣してくるのは「モンスターエンジン」西森洋一(33)と大林健二(29)だ。そんな2人が、出演メンバーの素顔を語ってくれた。

共演者の渡辺直美(24)とハライチ・澤部佑(25)は、大林を慕って彼をリーダーとする「バヤ兄軍団」と名乗っている。いっぽう、平成ノブシコブシ・吉村崇(31)も自らをリーダーとする”吉村一門”としてピカルメンバーたちを入れているというが……。

大林は「吉村一門? 聞いたことないよな?」と首をかしげる。西森も「ないなぁ。吉村さんが一人で言うてはるんちゃいますか(笑)」とバッサリ。吉村は、独り相撲状態?

また、吉高由里子(23)の大ファンである平成ノブシコブシの徳井健太(31)にも意外な素顔が。吉高がゲスト出演した際、彼女を見学しようとしていたピースの綾部祐二(34)に、徳井は「真剣勝負の仕事なんだからやめとけ」とストップをかけた。しかし……。

「そのあと、綾部さんが吉高さんと2人で楽しそうに手押し相撲をしてて。徳井さんがそれを見て『(綾部)アイツ、汚いよな……』と言うてましたわ。目がマジでした(笑)」(大林)

「徳井さんと言えば、楽屋でうんこ漏らしたこともあったんです! でも本人はいたって朗らかで、水洗いしたビショビショのジャージを着て『漏らしたんだよ〜』って(笑)。僕はうっかり徳井さんが使った椅子に座ってしまい、ズボンとパンツがびしょ濡れに(苦笑)」(西森)

【関連記事】
渡辺直美が深夜に「あっはーん❤」『ピカルの定理』収録秘話
友近 渡辺直美に打ち明けていた「結婚&出産」への悩み
ニサバンナ高橋 「韓流」美女モデルとの“同棲”認める
渡辺直美 イケメン芸人を新居に“拉致”してまさかのお泊り!