4月19日発売の週刊文春で、引退後初めてインタビューに応じた島田紳助(55)。独占告白の真相を聞くべく、本誌は京都の実家に住む母親を訪ねた。母はまだ記事のことを知らないようだったが、息子が取材を受けたいきさつについてこう語り始めた。

「実はこの間、息子がうち(実家)に来ていたんですが、一晩泊まって『もう帰るわ』と言ってるときに、文春の記者が来てるとわかって。私は、『まだ出んほうがええんちゃう?』と言って止めましたが、息子は『別に俺は悪いことなんもしてへん。警察に追われるようなことを何もしてへんのに、なんで逃げ回らなあかんのや。かまへん』と言って家を出て行ったんです。きっとそのあとで、取材されたんでしょうね」

逃げも隠れもしない――。そんな母への宣言が直前にあったからこそ、彼は意を決し取材に応じたようだ。

引退直後、沖縄までマスコミに追い回され『死にたい気持ちが毎日やった』と告白している紳助。当時について母はこう振り返る。

「あのころは家族全員が落ち込んでいました。犯罪者みたいに言われて、あの子もすごく悩んでいてね。そんな様子を見て私は『息子に“もしも”のことがあったら』とずっと心配していたんです。でも自殺されては困ります。私にとってあの子は、たった1人しかいない子どもですから」

紳助は、芸能界復帰を否定しつつも『“テレビに出れる人”には戻りたい』と語っている。改めて“突然の引退”について母親の思いを聞いてみた。

「そら、好きで一生懸命やってあそこまで行ったんですから。もうちょっと頑張ってほしかったとは思います。ただ、あの子さえ『これでよかった』と思っているなら、私も何も言うことはないですよ」

関連タグ: