4月24日、都内で、映画『GIRL』の完成披露試写会が行われ、女優の香里奈(28)、俳優の向井理(30)らが登場した。本作は、恋愛や結婚などさまざまな悩みを持つ親友の女性4人をめぐる物語。

香里奈は「年齢も職業もバラバラな女子たちが、いろいろな悩みにぶち当たりながらも毎日生活して、成長していき、明日も頑張っていこう思える映画になっています!」と映画をPRした。

司会者の「映画の中で1番好きなタイプは?」との質問に香里奈は「1番は向井君演じる颯太。鈍感だけど、自分なりにいろいろ自分のためにやってくれる」と告白。これを聞いた向井はガッツポーズで納得の笑顔をみせていた。

また、「生まれ変わったら男と女、どちらがいいか」と聞かれた香里奈は「取材でもよく聞かれて、『女って言え』って言われるんですが、私は男のほうがいいです。今、私自身が女性なので、男の人が何を考えているのか知ってみたくて」と説明した。一方、向井は「僕も男性ですね。女性は大変そうだし、男のほうがラク。それに女性って陰険じゃないですか?」と一言。香里奈に「何かイヤな思い出でもあるの?」とツッコミを入れられ、向井は恐縮しきり。会場は爆笑に包まれた。(撮影:鈴木鍵一)

関連タグ: