5月10日、都内で、映画『ファミリー・ツリー』のPRイベントが行われ、俳優の梅宮辰夫(74)と梅宮アンナ(39)、百々果(10)の梅宮ファミリーが出席した。

ハワイを舞台にした同作は、母親が事故でこん睡状態に陥ったことを受け、父親が反抗期の高校生の長女、小学校の問題児の次女を抱えて奮闘する親子の物語。

映画の感想を聞かれた梅宮は「男はやっぱりこうじゃなきゃいけない、という気持ちになりました」と、父親としてさまざまな決断を迫られる主人公マットに共感した様子だった。アンナも「劇中の一家は私たち家族に似ているところがある。15歳のころの私も長女のアレックスのようなことを言ってましたから」と、同作への親近感を語った。

また、百々果ちゃんがステージでフラダンスを踊ると、梅宮は「なかなか才能がある。百々果がいなかったら家族がバラバラになっていたかもしれない」と感慨深げだった。家庭内では辰夫が父親代わりとなり百々果ちゃんを叱ることもあるといい「おとといも大げんかしました」ときっぱり。けんかになると百々果ちゃんは自身の主張をゆずらないと話し、アンナが「あたしも頑固ですけど~みんな知ってるでしょう?」と笑いを誘った。(撮影:桑原靖)

関連タグ: