5月8日、実業家の夫・A氏(44)と離婚に向けて協議中であることを明かした宮沢りえ(39)。‘09年2月の結婚からわずか3年あまり……。すでに、りえと長女は家族で暮らしていたマンションを出ていた。

「ご主人はまだこのマンションにいらっしゃいますけど、りえさんと娘さんは、すぐ向かいにあるマンションに移られたようです。あの中島知子さんの事件で大きな話題になったマンションですよ」(マンションの住人)

実は、すでに15カ月も前から、りえは密かに離婚に向けて準備をしていた節がある。

「昨年2月だったと思います。りえさんはホノルルの豪華コンドミニアムを購入しています。34階の角部屋で、リビングルームからアラモアナ公園やビーチが見渡せ、ベッドルームからは山側の静寂な風景が見える素晴らしいお部屋です」(現地不動産関係者)

価格は日本円で約1億円。登記簿によると、りえと母・光子さん(63)の共同名義になっており、A氏の持ち分はなかった。かつてりえの動向を握っていると言われたりえママだが、いまでは1児の母となった39歳の娘の意思を尊重し、子育てに関しても一切ノータッチだという。

「りえちゃんは、以前から米国の永住権を取りたがっていました。娘さんの教育を考え、アメリカで育てたいという気持ちがあるんです。ハワイに家を買ったのも、娘さんと2人で米国移住権を取るための第一歩だと思いますよ」(りえの知人)

今回の決断は、りえ自身が考え抜いて出したのだ。“脱ママ”“脱夫”で娘と2人歩き出したりえは、どこへ向かっているのだろう――。

関連タグ: