今年2月に市村正親(63)との二男を出産した篠原涼子(38)。2人の子供の育児と、
舞台公演中の市村の体調管理にと、大忙しの日々を送っているという。

「二男を出産したばかりの篠原さんは、大好きなお酒を断ち、母乳で育てているそうです。
こどもの日はとてもにぎやかだったようです。今年は男の子が生まれたからと鯉のぼりもひとつ増え、五月人形にちまきに菖蒲湯で、二男の初節句を家族で祝ったそうですよ」(篠原の知人)

5月中旬の晴れた日、本誌は幼稚園に長男のお迎えに行く篠原の姿をキャッチした。
幼稚園からいったん自宅に戻った篠原は、午後になると再び長男を連れて近所にある幼児教室へ。実はこの日は、長男の4歳の誕生日。弟が生まれてから2カ月半、ママを独り占めとはいかなくなった長男も、この日ばかりは抱っこをせがむなどすっかり甘えた様子だった。

幼児教室から帰宅する際、長男の首には『おたんじょうび おめでとう』と書かれた青いストラップの手作りの金メダルが輝いていた。自宅に戻ると、まるで示し合わせたように、市村が仕事から帰宅。

「誕生日プレゼントは、おもちゃを事前に手配していたようです。お祝いのお料理は、高級スーパーで食材を買い、篠原さんが手づくりしたそうです」(前出・篠原の知人)

この日、篠原は子供たちの成長を見守る母の喜びを、心から噛みしめていたようだ。

関連タグ: