昨年11月、難産の末長男を出産した梨花(38)。GW明けの5月初旬、彼女が夫と息子と一家3人で原宿ショッピングを楽しむ姿を本誌は目撃した。

表参道に止めた車の後部座席から愛息を抱っこひもで支えながら降りてきた梨花は、黒とベージュのボーダートップス。黒のフリル・ミニスカートから伸びる白い生足が目を引く。そのスタイルはすっかり産前に戻っていた。長男をベビーカーに乗せ、夫に寄り添い街中へ繰り出す。

「隣の旦那さんとおしゃべりしながら楽しそうに歩いてましたよ。道行く人たちもすぐ彼女だと気づいて手を振っていましたが、にこやかに手を振り返していました。休日を満喫し、終始ご満悦のようでした」(居合わせた買い物客)

カフェでしばし休息タイムを過ごすと、梨花は再び抱っこひもで長男を胸に抱え、そのまま迎えに来た別の車に乗り、夫に見送られながら去っていった。

「4月14日には、梨花さんプロデュースのセレクトショップ&カフェ『メゾン・ド・リーファー』がオープンしたばかり。彼女はほぼ連日打ち合わせに出向いています。時間があれば店頭に立ちお客さんと談笑していますよ。この日もお店に向かったようです」(ファッション関係者)

多忙のせいで最近はカーヴィーダンスのレッスンにも通えずにいるが、自宅でフラフープダイエットを頑張っているという。

「体重もすっかり産前に戻ったようで、彼女はいま、仕事と子育てに充実日々を過ごしていますよ」(前出・ファション関係者)

家族で過ごす憩いのひとときが、多忙な生活を乗り切る原動力のようだ。

関連タグ: