AKB48の27枚目のシングルを歌うメンバーを選ぶ、『第4回選抜総選挙』が6月6日、日本武道館で開催され、昨年2位の大島優子(23)が、1位に返り咲いた。メンバー237人が立候補。投票数も過去最多の138万4千122票にのぼり世間の注目を集めた。そして今回、努力の末、圏外から36位に躍進し注目されたのが仲谷明香(20)だ。

今年の4月に自叙伝『非選抜アイドル』を上梓した仲谷。この本は現在5万部のベストセラーとなっている。そんな彼女が総選挙の舞台裏を本誌に話してくれた。仲谷とは中学校の同級生だという前田敦子(20)。前田はAKB48における“不動のセンター”だったが、今回の総選挙では立候補を辞退している。仲谷は前田とある話題で盛り上がったという。

「今回、あっちゃんとは、当日は話ができませんでしたが、選挙前日の仕事場では、『中学の同級生が、どんどん結婚していくの、知ってる?』と話しかけてきて、私も『最近、周りにできちゃった婚多くない?』と同級生の結婚話で、2人で盛り上がったんです」

日本中が見つめる壮絶な戦いの裏側では、意外とフツウの光景が?

「投票で人気を決められることのつらさはメンバー同士でしかわかりあえません。だから仲間意識もとても強いし、まるで戦友のようですよ」

お互いを認め、尊敬しあってるからこその“ガチバトル”。AKB48総選挙が今年も日本を熱くしてくれた――。

関連タグ: