胸の前の抱っこヒモで2カ月の長男をあやしながら、スーパーで手際よく野菜やミルクなどを買っていたのは、フジテレビの中村仁美アナウンサー(33)。彼女がさまぁ~ず・大竹一樹(44)と結婚したのは昨年3月のことだ。

当初、新婚生活は一戸建てで送る計画を立てていた大竹だったが、セキュリティが心配という妻の鶴のひと声で、現在は超高級マンションで暮らしている。やや主導権を握られてしまった大竹だが、それは妻が育休中のいまも同じだという。

親子で買い物に出かけるときは、首がすわっていない長男を中村アナが抱っこ。大竹は、買い物袋を乗せたベビーカーを押すのが役目だそうだ。

「この前は、お出かけ中に寝入ったばかりのお子さんの表情が可愛くて仕方なかったのか、大竹さんが指でほっぺを突っついていたんです。そうしたら、ビックリしたのか、お子さんが急にワンワン泣き出しちゃって……。大竹さんは、中村さんにこっぴどく怒られていましたね」(近所の住人)

妻から受けた”パパ失格”の厳しい”ツッコミ”には、さすがの大竹もタジタジだったようだ。