「明菜さんのオフィシャルファンクラブから、久々に会報が届いたんです。でも、楽しみにしていた直筆メッセージは誤字や脱字が多く、『しんどい』という表現もあって、心配になりました……」(ファンの女性)

体調を崩し、’10年10月から活動休止状態が続いている中森明菜(46)。15年にわたって明菜のディナーショーを手がけてきた、彼女の恩人ともいえる芸能関係者は「まだ彼女は具合が悪いようで、すぐに復帰とはいかないようです」と語る。

「長い付き合いですが、体調不良が原因で、おととしから2年続けてディナーショーはキャンセル。今年の開催についても、最近まで明菜サイドと話し合っていたところでした。しかし、彼女の精神面が不安定で、残念ながら今年も難しいというのが結論です」

活動休止時には帯状疱疹と報じられたが、実は精神的な問題も抱えているという。彼女は”まだ人前で歌う自信がない”というのだ。この関係者によると、明菜についてはディナーショー以外のイベントに関しても、現時点では白紙だそうだ。ところで最近の明菜は、具体的にどんな状態なのだろう?

「ふだんはいたって普通。声の調子も悪くありません。でも、いざ予定が決まり、約束事の日が近づくと、緊張するのか、体調が悪くなってしまい、ステージに上がる決断ができないでいるのです。けれど最近の明菜は、テレビを見て『あの歌手は歌がうまいね』とか『私も頑張らなくちゃ』と、前向きな発言もしています」(前出・恩人の芸能関係者)

またステージで歌ってくれる日を、ファンたちは待ち望んでいる。

関連タグ: