「美咲ちゃんはデザインの才能があるんだから、実際に生かさなくちゃ、もったいないわよ!」

‘09年11月にパチンコメーカー社長と結婚、’10年6月に女の子を出産してから2年。芸能活動をほぼ休止している伊東美咲(35)に、そう声をかけたのは神田うの(37)だった。

「2人は同じ着付け教室に通っています。教室が終わったあと、うのが伊東にファッション・ビジネスで才能を生かすことを勧めたそうです。伊東は自分の子供が幼稚園に入るくらいまでは育児に専念したいと漏らしていたのですが、親しい友達の言葉に心が動いたようです」(芸能関係者)

伊東はもともとデザイナーの仕事に興味をもっていたようで、’03年には女優業の傍ら、オリジナル・ブランドの「mm」(ミミ)を立ち上げている。また、今回、伊東がブランドの立ち上げに前向きなのは、うののアドバイスだけでなく夫からのサポートも望めるからだという。

「伊東は、うのから『旦那さんはすごく稼ぐんだから、資金面でどんどんサポートしてもらったら?』とも言われているそうです。夫は売り上げが1千500億円を超える大企業の社長ですからね。夫の協力があれば、ブランドの事業資金に困ることはないでしょうね」(別の芸能関係者)