26日、都内で、日本テレビ『24時間テレビ35 愛は地球を救う』の制作発表が行われ、女優の新垣結衣(24)が出席した。

2004年、2008年に続いて、3度目のメインパーソナリティーを務める『嵐』の櫻井翔(30)は「オリンピックイヤーに関わらせてもらっているので、一緒に熱い夏にしたいです」と意気込みを語った。

チャリティーパーソナリティーとして番組に初参加する新垣は「24時間まるまるかけて何かをお伝えするということは特別なことなので、皆さんが見て良かったと思ってもらえる24時間になれば良いなと心から思います。ずっとテレビで見てる側だったのでここにいるのがまだ不思議です」と話し「未来という目に見えないものがテーマ。未来に進む力を視聴者に与えられるような番組にしたいと思います」と決意を語った。

また、この日登壇したゲストは、『嵐』の大野智(31)と現代作家の奈良美智がコラボレーションした『チャリTシャツ』を全員が着用。新垣は「可愛いですよね。袖を通すとドキドキしちゃいます。今もドキドキしていますよ」と話すと「誰が一番格好良い?」と問われて「羽鳥さん!」と回答。すかさず「皆さん似合っていますよ!」とフォローを入れていた。(撮影:桑原靖)

関連タグ: