7月3日、女優の忽那汐里(19)が、健康で美しく納豆が大好きな女性に贈られる『納豆クイーン』に選ばれ、都内で開かれた表彰式に出席した。

オーストラリア出身の忽那だが「納豆は日本食のスーパーに売っていて、母が納豆を切らさないよう買ってくれていた。気づいた時から納豆好きです」と明かし「最近でも現場に行く前にコンビニに寄って買ったりして、だいたい週5日、1日2回食べる時もあります」と納豆クイーンらしくアピール。「ものすごくこねて、粘りが強くなったらちょっとおいて食べる」のがこだわりだといい「大好きなネギと香草でエスニックにしたり、大きなチーズと交互に食べるとご飯いらないです」と笑顔で明かした。

『納豆クイーン』は、これまで菊川怜(34)、上戸彩(26)ら多くの有名人が務めてきたが「知りませんでした。なかなか不思議で面白い賞だと思います。このような賞を受賞できたのは新鮮」と話した。

また、納豆にちなみ「粘り強いタイプ?」と聞かれた忽那は「粘り強くありたいとは思いますけど、プライベートではダラダラしていますね」と苦笑い。納豆好きな男性がいいかと聞かれると「全然関係ないですよ!」と笑いながら答えた。(撮影:河崎文雄)