9日、東京・目黒の所属事務所ホリプロで、ロンドン五輪壮行会が行われ、なでしこジャパンFW丸山桂里奈(29)が出席した。

同社を挙げた手作り感たっぷりの壮行会。北京五輪競泳400メートルメドレーリレー銅メダリストの宮下純一(28)や小島瑠璃子(18)、足立梨花(19)ら同事務所所属のタレントが駆けつけ、納豆やお茶漬けを贈った。

また、丸山は昨年9月のロンドン五輪アジア最終予選で右膝前十字靱帯を損傷。苦しいリハビリ中、3人組バンド『RAM WIRE』の『歩み』を聴いて乗り越えたという。その『RAM WIRE』が急遽駆けつけ、丸山の目の前で『歩み』を熱唱するというサプライズも。リハビリ時代を思い出し、思わず涙を見せた丸山は「リハビリの時、ずっとこの曲を聴いていたので、涙が止まらなかった」と話した。

この日から五輪代表合宿に入る丸山は「オリンピックではゴールを決めたことがない。ゴールを決めて、またこの場所に金メダルを持って来られるよう頑張ります」と決意を新たにした。(撮影:桑原靖)

関連タグ: