女優の小林聡美(47)と脚本家の三谷幸喜(51)が離婚してから1年2カ月。だが、小林は三谷と同じ町内に住んでいる。また、結婚していたころから飼っている12歳の”とび”を、交代で散歩に連れて行っている姿が、近所でしばしば目撃されている。

「離婚を希望していたのは小林のほうでした。しかし、離婚届を提出する際、三谷が一つ、強く希望したことがあるんです。それが『2人の幸せだった日々を知る愛犬のとびが生きている間は、可能な限りとびのそばにいてあげてほしい』ということでした。なぜ? それは、やっぱり三谷のほうに少なからず小林に未練があったからだと思います」(2人をよく知る芸能関係者)

三谷がとびを連れて散歩するときは『定番コース』をたどるのだという。途中のコンビニでお茶を買って一服するが、その目と鼻の先に小林が猫2匹と住むマンションがある。三谷は犬を連れていないときも、このコンビニで惣菜を買ったり週刊誌を立ち読みしたりしているというのだが、元妻と偶然に出会うことを期待しているのだろうか。

「小林は、三谷が家を空けたときだけ代わりにとびの散歩を引き受けるということで納得しているそうです。それなのに、彼女は家の目の前のコンビニの店長に『今日も三谷さんが深夜に買い物に来ていましたよ』などと言われて、ドキッとすることがある、とこぼしていました。いまだに自分に付きまとうかのような”元夫”の行動に、小林は『もう、うんざり』と知人に苛立ちの言葉を漏らしていたそうです」(別の芸能関係者)

今や、2人の唯一の接点であるとびだが、ラブラドールレトリバーの平均寿命は12歳くらいと言われている。とびも老犬の域に達しているのだ。

「小林自身も、『ここに住んでいるのは、あくまでもとびのためだから……。とびがいなくなったら、もう引っ越そうかなと思っているの』と漏らしているそうです」(前出・別の芸能関係者)

関連タグ: