26日、来年4月スタートのNHK連続テレビ小説『あまちゃん』のヒロインが女優の能年玲奈(19)に決まり、東京・神南の同局で発表記者会見が行われた。

人気脚本家、宮藤官九郎(42)のオリジナル脚本。東北・北三陸の小さな田舎町を舞台に、東京の女子高生・天野アキが母の故郷で海女と出会い、地元のアイドルになるという成長ストーリー。

人気ドラマに出演する旬な若手女優の一人である能年だが、演じてきた役柄とは裏腹に、ゆっくりと話すふんわりした印象。能年自身も「普段テンポが遅いので、話がかみ合わなかったり話も下手。きちんと伝えていけるように頑張りたい」と話した。そんな能年は、会見で、ヒロイン決定を聞かされた時を振り返り「びっくりして興奮で鼻息が荒くなって、その勢いで空を飛べるんじゃないかと思った」や「以前から宮藤さんの作品に出たいと思っていて、スクリーン越しに宮藤さんに『電波』を送っていたんです」と真面目な表情で話し、天然な一面をのぞかせた。

また、最後に降壇する際、階段を踏み外してしまいステージから転げ落ちてしまう場面も。再度登場した時は、必要以上に注意して階段を上り、笑いを誘っていた。(撮影:小山伸正)