日本選手たちの連日の活躍が目立つ、ロンドン五輪。4度目の五輪で悲願の金メダルを目標にしているなでしこJAPAN。心身ともに緊張を強いられる日々だが、彼女たちが楽しみにしていることがあるという。

「朝日新聞のカメラマンとしてロンドン入りしている福山雅治さん(43)が『いつどの会場に現れるか』というのが、メンバーたちの関心事なんです。JOCによると、福山さんが女子サッカーを取材するのは、グラスゴーなどで行われる準々決勝以降になるそうです。福山さんの取材も、なでしこたちの予選突破へのモチベーションになっているそうですよ」(スポーツ紙記者)

“ナマ福山に会いたい!”と楽しみにしているところをみると、メンバーにはまだ余裕があるのだろう。

また、大黒柱の澤穂希選手(33)の存在も大きいようだ。澤がいるという安心感をチームに与えている。しかし彼女は今年初めには体調不良で、代表戦を欠場した。最近は、体調も上向きになってきたように見えるが……。

「いまの澤にとって体調は大きな問題ではないはずです。‘93年の代表デビュー以来、背負ってきた日の丸をつけ、最高の仲間たちとロンドンのピッチを走りぬくことが、澤にとって、その1分1秒が宝物なんです」(サッカー関係者)

悲願に向けてなでしこたちは戦い続ける――。