7月20日に行われた首相官邸前の脱原発デモに突然、鳩山由紀夫元首相(65)が現れた。そして実際に首相官邸に入って、出張中だった野田首相に代わって藤村修官房長官に面会した鳩山元首相だったが……。

「仮にも政権与党内の元首相がデモの代表者として首相に直談判するというのは、前代未聞です。だいたい、鳩山元首相は首相に会おうと思えばいつでも会える立場の人なんですから」(民主党関係者)

なぜ、鳩山元首相はこのようなパフォーマンスを演じたのか。

「突然デモに参加したのは幸夫人(69)のアドバイスがあったからです。彼女は夫に『日本中の人が官邸前のデモに注目しているみたいだから、由紀夫さんも行ってみなさいよ。みんなびっくりするわよ!』と協力にプッシュしたみたいです」(前出・民主党関係者)

本当は現場を見てすぐに帰る予定が、参加者の“由紀夫コール”を受けてマイクを持たされ「今日、官邸前に集まった人たちの思いを野田首相にお伝えしたい」と語り、その場の勢いで官邸にまで乗り込むことになったという。

「鳩山元首相にはときどき、暴走してしまう癖があるんです。官邸に知らせずイランを訪問してみたり、野田首相が沖縄で県知事と会談する前に沖縄に行ったり。ただ、その元首相の突飛な行動をそそのかしているのは幸夫人だといわれています」(前出・民主党関係者)

今回、脱原発デモに飛び入り参加して自宅に戻った鳩山元首相は、幸夫人に『お褒めの言葉』をもらったようだ。

「みんなが『やっぱり鳩山さんはすごいって称賛の声をあげているわ。これであなたも人気回復よ!』という感じだったらしいです。後で議員たちが『あのデモの参加は少々行きすぎでは』と行動の軽率さを指摘しました。しかし夫妻は『私たちは宇宙規模で物事を考えているから、あなたたちにはわからない』と気にも留めなかったそうです」(別の民主党関係者)

さて、宇宙規模のパフォーマンスの効果のほどは……。

関連タグ: